未分類

ハイテク産業も盛んなカナダのIT職は日本よりも有利?

日本でもIT関連の仕事についてる方はとても多く、これから先もさらにいろいろな業態の仕事が増えていくことが予想されます。日本ではもちろん、スキルや経験などを考慮した上での採用となりますが、カナダで就職・転職をするという際には、さらにそれに加えて語学力も必要となります。
もし、英語のスキルが高くさらにIT関連の専門的なスキルを持っているという場合には、カナダでのIT職はとてもオススメです。

日本ですと、最近はシステムエンジニアなどの仕事はIT土方などと言われることもあり、長い労働時間ながらも、お給料が少なかったりして心身共に疲れてしまう方が増えてきています。せっかく学校でIT関連のスキルを学んだのに、仕事がうまくいかずにやめてしまう人も後を絶ちません。
やはり、こういった背景にはお給料の金額が大きく関係していますから、頑張ったら頑張った分しっかりと評価してくれるような会社に勤めたいと誰もが思うはずです。

その点、カナダを始めとする北米でのIT職の立ち位置というのは、日本よりも優遇されている傾向にあると言えるでしょう。専門的なスキルをきちんと評価してくれて、日本で仕事をしているよりも高い年収をもらっている方も多いのです。カナダの生活費は日本よりも割安ですから、日本よりも高めのお給料もらっていれば非常に生活は安定して自由気ままに暮らせます。だいたい、平均して日本よりも2割から3割程度お給料は高い傾向にあり、さらに業績に応じてボーナスが支給されるケースも多いのです。

0

憧れのカナダに移住したい、カナダの永住権の取得方法と生活費

日本では少子高齢化がすすみ老後の生活不安やビジネスチャンスを求めての永住を望むなどさまざまな理由でカナダ移住を希望する人が増加しています。カナダへ移住するには移民申請や永住権を獲得する必要があります。移民申請はワーキングホリデービザや就労ビザを取得してからカナダへ行き一定の間働いてから申請する事が一番確実な取得方法です。半年ほどで市民申請が可能な州もあります。

永住権取得方法としてカナダ連邦政府が実施している永住権獲得プログラムなどを利用するのがおすすめです。予め政府に一定金額の貸付をする必要があるので経済的に大変ですが有利に早く獲得できる方法です。カナダでは生活費や家賃、不動産価格が上がってきていますが大都市とそれ以外では格差があるので予め移住したいエリアを調べて確認しておくことが必要になります。広大な国土面積があるので日本よりも広い家に住む事もでき日本よりは割安に生活していくことが可能です。カナダは移民を積極的に受け入れている国であり都市によってはアジア系の移民が半数近く占めています。

中国や台湾、韓国などからの移住者が多い国です。北米の気候を楽しみつつアジアの食文化も楽しめる国です。生活していく上で病院は重要ですが医療機関は大きく3種類にわける事ができます。かかりつけのホームドクターやファミリードクターを見つけておくとよいでしょう。永住権を獲得していると医療費の多くは保険で補償されます。

0

とりあえずカナダに関係する仕事がしたい!という人は・・・?

カナダは世界で2番目に広大な国土を持つ、北アメリカにある大国です。日本人の中にも、観光や留学またワーキングホリデーなどで滞在経験のある人も多く、親しみ深い国のひとつです。カナダの魅力は、広大な自然や恵み豊かな美味しい食べ物に加えて、多国籍な人々で成り立っているという背景からくる、フレンドリーな国民性があります。また教育や文化、生活水準なども高く、以前行われた国連の調査では「世界で最も住みやすい場所」」の評価を受けたこともあります。

魅力たっぷりのカナダで生活してみたいと思っても、初めから現地で仕事を見つけて暮らすことを考えるのは、非現実的です。それでも将来的な目標を見据えながら、まずカナダに関係する仕事を探すことは良い方法と言えます。実際にどのような業種の仕事があるかというと、商社や製造業があります。エネルギー資源や木材の取り引き、また自動車製造などでは日本との関わりがかなりあるので、関連会社の海外担当部署に就くことにより、日本にいながらつながりが持てます。また別の業種では、旅行会社や移住をサポートする会社もあります。旅行先として需要のある国なので、求人も多めですし、実際に業務ではカナダへの出張も期待できます。

こうした求人を探すには、カナダ関連の仕事に特化した求人サイトが役立ちます。複雑な職探しを日本語で行なうことが可能ですし、役立つ情報などのサポートも充実しています。日本でビジネススキルをつけながら、現地で活躍するための土台作りができます。

様々な参考にこちらのサイトをご確認下さい。
カナダ求人サイトの選び方 – タイプ別、企業別でこう選ぶ!

0

カナダで移民がハマりやすい仕事上の悪循環に注意

カナダは国家レベルの政策とは逆に、労働市場は日本も含め欧米諸国と文化が異なる外国人にとってはあまり受け入れがオープンではありません。カナダの労働市場に移民として就労する為には、どんな方法でも結構な時間がかかるようです。

特に変化の速いIT業界で働きたい人にとって、スキルとは無関係の職で時間を過ごすのはデメリットにしかなりません。その間に新しい移民も増えて更に競争が厳しくなります。その一方で優秀な人材の多くが毎年カナダから国外に流出している現状もあるのですが。

仕事に就けずに別の肉体労働をしているうちに、スキルと無関係の仕事で働いて、自分のスキルがどんどん時代にそぐわなくなり、過去の経歴と無関係な職歴ばかり積み重なり、さらに希望の仕事に就職し辛くなるという悪循環にはまり込んでしまいます。

そして飲食や観光などのサービス業とか小売業、加工業や運送業などに落ち着かざるを得ない、または自分と同じ欧米文化以外のグループ内に閉ざされた仕事という、移民の典型的な流れに閉じ込められる可能性が高くなります。どんな職でもいいという目的でカナダに来るなら成功と言えますが、そうでない移民にとっては深刻な問題です。
成功の基準は人それぞれですが、移民向けの単純労働でなく自己実現を目指すのであれば、4年制の大学に入りなおしてカナダの学歴を取得ところから始める等、カナダで一からやり直すくらいの努力が必要になると考えてください。

0

カナダでの仕事探しは求職関係ウェブサイトを使い分けよう

カナダで仕事探しをするには、求人関係のウェブサイトにいくつか種類があるので、状況によって利用するとよいでしょう。

その種類には、主に次の3つかあります。
1. 自分の履歴書(レジュメ)を登録しておいて、求人をしている企業のほうから自分を探してもらうタイプ
2. 一般に公開されている求人を見て、自分から応募するもの
3. 会員登録している人だけに公開される求人を見て、応募するもの

それぞれの特徴を見ていきましょう・

まず1のタイプですが、カナダではmonster.caやworkopolis.comといったものが有名です。こういったサイトに自分の履歴書(レジュメ)を登録しておきます。それを求人をしている会社や人材派遣会社が閲覧し、マッチする仕事があれば求職者に連絡が来るしくみになっています。

ウェブサービスならではの特長としては、自分のレジュメが何回閲覧されたかといったこともわかるので便利です。

次に2のタイプです。求人サイトもあれば、求人をしている会社のウェブページに募集情報が載っていたり、カナダの全国紙や地方紙の求人欄をウェブで見ることができたり、あらゆる媒体が考えられます。誰もが見られる求人なので、競争倍率も高くなりがちです。カナダ政府の職安のようなお役所がやっているJobBankも情報量が豊富です。

最後に3のタイプです。その大学の学生や卒業生だけが見ることができるといった、一般には公開されることのない求人情報が入手というメリットがあります。知り合いのつてなどで情報にアクセスするのもよいですが、大学の単発の講座を取得するだけでも、学生として一般には非公開の求人情報を見ることができるようになることがあります。手を尽くしてこのタイプの情報をゲットできるようにし、仕事探しを有利にすすめたいものです。

0

仕事上でカナダ人が「Sorry」と言う時と言わない時

世界で日本人ほど潔癖にすいませんという言葉を様々な場面で言う人種はいません。

日本人の場合、特に自分に重大な責任がある事案で失敗してしまったばあい、まず謝る事から始まります。日本人の場合、謝る事が先で、事後処理はその次になります。カナダで日本人が働こうという場合、カナダ人がこのSorryという言葉を使う時の心境を見極めなければいけません。

日本人と違い、カナダ人がSorryという言葉を言う時は、一貫して自分に責任がない時が多いです。例えば、会議の資料を逆さまに配布をした場合や特に重要でない案件の会議に遅刻してしまった場合など、自分自身に利害が発生しない、極端な話どうでもよい場合にこのSorryを使います。つまりカナダ人がいうSorryは謝意の意味を成してなく、エチケットとして言う言葉だということです。

これに対して、Sorryを言わない場合は、仕事上で自分が発信した事柄により重大な過失が発生した場合です。例えば、会議で反対する人が多いにもかかわらず、ほとんど賛成を得ずにプロジェクトを推進した結果、会社に損害を与える失敗につながってしまったなどの場合はカナダ人はSorryを言いません。謝意の気持ちを表すのではなく、改善策などを提案し続けることにより、仕事に対して真面目に取り組んでいるという姿勢を誇大に思えるほどアピールし続けます。カナダでこれから就職する方は、Sorryの使い分けを見極め、自分が同じ立場に立った時はできるだけ過失を認めないようにするのが良いでしょう。

0

転職で気になるカナダの貿易関係の求人・給料について

海外で仕事を行うことを希望している方が多数いますが、その中にはカナダで貿易関連の仕事を行うことを考える方もいます。カナダは英語圏の国になり、留学先としても国内では人気の国です。貿易関連で仕事をするには、当然ながら語学力が必要になり、国際的なマーケットを対象としていることになるので、最低でも英語でビジネス会話を不自由なくできる能力が大切です。

カナダでは気候条件なども起因して住宅用の建材などの輸出が盛んに行われています。また、食品関連や雑貨関連など幅広い分野の取引きが行われていますが、求められるスキルとしては、インボイスの発行や、利益計算など基本的な事務作業全般の内容や、在庫を抱える場面もあることによって、物流関連の知識を持っているとより一層活躍できる範囲が広がります。担当する部署によって違いはありますが、国際貿易の場合でも営業能力が必要になる場面も出てくることになり、特に流通系の企業での実務経験などがある方では、優遇される場合が見られます。

仕入れから販売までを手掛けることが一般的になり、給料に関しては業界によって差が生じることになります。できるだけ良い条件の仕事先を見つける場合では、少しでも多くの求人を得る方法と、取り扱い品目において、興味を持っている分野に挑戦する方法でも無理なく仕事にチャレンジできます。グローバル化が進んでいる現在では、国内だけではなく他国への販売も視野に入れている場合もあり、活躍できるステージを広げることができます。

0

就職前に確認を、カナダのIT関連の求人・給料について

北米に位置するカナダではインフラが整っていることや、人材が集まりやすいことなどから、IT企業が多くあります。

アメリカの有名なIT企業がサーバーの拠点にしたりすることもありますし、日本の企業も何社かあります。したがって、IT系の社会経験がある方であれば、カナダではかなりの需要があると考えてよいでしょう。

その中でも多いのは、サーバー管理やプログラミングの仕事で、これらは、やはり資格や学歴といったものよりも経験が重視される傾向にあります。未経験でも就ける、というものはほとんどありません。カナダでこれらの職に就いた場合、企業により違いがありますが、その給料は日本よりも高い傾向にあります。アメリカも当然高いですが、カナダではアメリカよりも若干低い程度です。

日本と比べた場合ですと、2,3割高い程度です。

日本でこういった分野で働いていて、待遇も給料も割に合わないと感じている人には魅力的な環境である、といえるかもしれません。

また、英語力に関してですが、技術の高さが重視されるため、それほど高い英語力は求められないことが多いですが、チームを組んで開発にあたる場合など、英語でのコミュニケーション能力を重視されることもあります。

また、採用されるためのポイントとしては、自分が今まで勤めていた会社で行ってきた業務や、どのような開発技術を持っているかなどについて、上手にアピールする必要があります。自分に経験や技術があり、それを上手くアピールできれば採用される可能性も高くなるはずです。

0

国土と豊かな自然を有する先進鉱工業国、農業・鉱物資源の輸出国カナダ

カナダは、G7、G8に名を連ね、先進国の1つですが、実は農業・鉱物資源の輸出国としての1面も持っています。私たちの身近な商品では、メープルシロップ、ブルーベリージャム、ジンジャエールなどがありますね。

カナダには仕事で何度も行ったことがありますが、メープル(楓)の樹が、街路樹として多く植えられていて、さすがカナダの国旗に使用されているだけのことはあるなぁ、と思いましたし、初めて本物のメープルシロップを舐めた時は、今まで自宅で使っていたメープルシロップの味とあまりに違うので、びっくりしたことを覚えています。また、ブルーベリーの自生地に行った時も、日本で見るブルーベリーの樹とあまりに違うので驚きました。そしてジンジャエールもスーパーで大変多くの種類のものが販売され、濃度も異なり、風邪を引いた時に、日本人がしょうが湯を飲む感覚で、ジンジャエールを飲むということに大変驚きました。やはり行ってみないとわからないことって、いろいろありますね。

これらの商品以外に、日本ではなかなか話題にはならないカナダの輸出品もあります。例えば、原油です。生産量はイランや、アラブ首長国連邦、クウェートなどよりも多いのです。ですから、原油価格が下落すると、為替相場の世界ではカナダドルは売られる傾向にあります。アメリカ同様に、先進国で原油が生産できるということは、とても羨ましい限りです。

また、こんな商品もあります。皆さん、料理でご使用になられる菜種油・キャノーラ油。カナダは、世界第2位の菜種の生産量を誇ります。日本にも毎年たくさんの菜種が輸入され、利用されているのです。

今回のTPPで、カナダからの商品・生産物が今よりももっと安く手に入るようになると良いですね。

カナダは北米のアメリカ合衆国の北側に位置し、国旗は真赤なカエデの葉をあしらったものだと言う程度は多くの人が知っておられる事でしょう。また森林が豊かな国だと言う程度で、主要な産業や日本との関わりについては意外と知られていない国とも言えます。

カナダは国土面積が日本の約27倍もあり、世界第2位の広大な国です。そこに3500万人余りの人が暮らし、首都はオタワです。イギリス系とフランス系の白人と、多くの移民と先住民族からなる国で、80%の人がキリスト教徒です。国民の民族性から公用語は英語とフランス語となっています。

先進8か国(G8)の一角を占め、アメリカ合衆国との経済的結びつきが強い国で、輸出の5分の4以上、輸入の約3分の2をアメリカ合衆国が占めています。20世紀初頭までは農業が中心の国でしたが、鉱物資源に恵まれ鉱業も盛んであり、また現在では自動車産業や機械産業が成長し、更にIT産業も発展してきている工業国でもあります。
日本とカナダの関係は良好で、貿易は日本から自動車などの輸出があり、またカナダから日本への輸入品としては菜種・豚肉などの農産品と、石炭・木材・銅鉱などの原材料が中心ですが、その貿易額はそれほど大きくはありません。

また自然豊かで安全な国であるカナダは、日本人にとっては人気の海外旅行先であり、バンクーバー、イエローナイフ、ナイアガラ(カナダ側)バンフなどを訪れ、雄大な自然に恵まれたカナダ観光を楽しまれた方も多い事でしょう。”

0

転職時にチェック、カナダの自動車業界の求人・給料について

カナダには日本の自動車メーカー企業を幾つも置いており、北米市場の拠点の1つとして営業所や支社を多く構えているため営業や販売などの求人広告を数多くだしています。
営業の他にも生産工場の拠点にもなっている企業はありますが、生産する工場は大手の企業しか構えておらず、ほとんどの企業は営業や販売業務を行っています。
現地法人を作って業務を行っているため現地採用か日本にある本社からの出張として出向くことが多く、カナダの現地で採用された人は営業マンとして働くことが多く、日本から出向く従業員は本社との連絡や報告プランの作成などマネジメントの仕事がメインとされています。

生産工場に関わる仕事では、ライン管理や生産管理など他にも社員教育などの経験を積んでいると、経験を活かすことができてより有利になりますが、製造スキルなどの経験が無くても現地で採用され働ける場合があります。

カナダで駐在し活躍しているマネジメント業務は高い英語力を求められているため世界的にも通用する人材として、より高収入な給料を得られる可能性が高く、管理を行えるスキルがあればより良い待遇が期待できます。

日本から出張する場合は諸手当制度があり海外赴任手当など加算され、日本にいる時よりも年収が多く得られることになります。
カナダでの自動車業界に目を向け、個々それぞれの能力や経験を活かせる場所を見つけ、活躍できる職場を探し海外で経験することも大切になります。

0