就職前に確認を、カナダのIT関連の求人・給料について

北米に位置するカナダではインフラが整っていることや、人材が集まりやすいことなどから、IT企業が多くあります。

アメリカの有名なIT企業がサーバーの拠点にしたりすることもありますし、日本の企業も何社かあります。したがって、IT系の社会経験がある方であれば、カナダではかなりの需要があると考えてよいでしょう。

その中でも多いのは、サーバー管理やプログラミングの仕事で、これらは、やはり資格や学歴といったものよりも経験が重視される傾向にあります。未経験でも就ける、というものはほとんどありません。カナダでこれらの職に就いた場合、企業により違いがありますが、その給料は日本よりも高い傾向にあります。アメリカも当然高いですが、カナダではアメリカよりも若干低い程度です。

日本と比べた場合ですと、2,3割高い程度です。

日本でこういった分野で働いていて、待遇も給料も割に合わないと感じている人には魅力的な環境である、といえるかもしれません。

また、英語力に関してですが、技術の高さが重視されるため、それほど高い英語力は求められないことが多いですが、チームを組んで開発にあたる場合など、英語でのコミュニケーション能力を重視されることもあります。

また、採用されるためのポイントとしては、自分が今まで勤めていた会社で行ってきた業務や、どのような開発技術を持っているかなどについて、上手にアピールする必要があります。自分に経験や技術があり、それを上手くアピールできれば採用される可能性も高くなるはずです。