ハイテク産業も盛んなカナダのIT職は日本よりも有利?

日本でもIT関連の仕事についてる方はとても多く、これから先もさらにいろいろな業態の仕事が増えていくことが予想されます。日本ではもちろん、スキルや経験などを考慮した上での採用となりますが、カナダで就職・転職をするという際には、さらにそれに加えて語学力も必要となります。
もし、英語のスキルが高くさらにIT関連の専門的なスキルを持っているという場合には、カナダでのIT職はとてもオススメです。

日本ですと、最近はシステムエンジニアなどの仕事はIT土方などと言われることもあり、長い労働時間ながらも、お給料が少なかったりして心身共に疲れてしまう方が増えてきています。せっかく学校でIT関連のスキルを学んだのに、仕事がうまくいかずにやめてしまう人も後を絶ちません。
やはり、こういった背景にはお給料の金額が大きく関係していますから、頑張ったら頑張った分しっかりと評価してくれるような会社に勤めたいと誰もが思うはずです。

その点、カナダを始めとする北米でのIT職の立ち位置というのは、日本よりも優遇されている傾向にあると言えるでしょう。専門的なスキルをきちんと評価してくれて、日本で仕事をしているよりも高い年収をもらっている方も多いのです。カナダの生活費は日本よりも割安ですから、日本よりも高めのお給料もらっていれば非常に生活は安定して自由気ままに暮らせます。だいたい、平均して日本よりも2割から3割程度お給料は高い傾向にあり、さらに業績に応じてボーナスが支給されるケースも多いのです。